So-net無料ブログ作成
検索選択

羽生結弦のアクシデントはわざとなの?スポーツ脳震盪の危険性とは?

8日のフィギアスケートグランプリシリーズ第三戦、中国杯で、
腰痛で休養していた羽生弓弦選手が遂に出場!
とても楽しみにしていましたが、フリーの直前練習中に、他の選手と衝突事故というショッキングなアクシデントに見舞われてしまいました。

yuzuru141108.jpg
出典:akb48matomemory.com

羽生くん無理しないで!!! とテレビに向かって念じていましたが、
怪我をおして出場。
意地の演技で2位に入りました。

なんて無茶を!!

頭部挫創、下顎挫創、腹部挫傷、左大腿挫傷、右足関節捻挫』と診断され、
今日、全治2~3週間を要するとスケート連盟が発表しました。

ネットの様子を見てみると、
今回のアクシデントがわざとではないかと疑われているようですね。
調べてみました。

スポンサードリンク






一部始終が分かりやすかった動画がこちら


羽生弓弦選手とぶつかった選手について。

Yan_Han.jpg
閻 涵(えん かん、英語: Han YAN)
生年月日:1996年3月6日

中国出身の男性フィギュアスケート選手(男子シングル)
2014年ソチオリンピック中国代表。
2012年世界ジュニアフィギュアスケート選手権優勝。


出典:Wikipedia


エンカン選手と羽生選手は仲が良く、ネットでも写真が出回っています。

羽生弓弦選手とエンカン選手

羽生選手が少し年上で、エンカン選手は弟のような感覚なのでしょうか?
すごくいい笑顔ですね。

ぶつかり方も、動画を見れば分かる通り、故意では出来ない当たり方です。

気の毒な事故でした。

エンカン選手も、衝突後に出場し、6位入賞しています。

彼の場合は、地元での大会ということもあり、無理をおして出場しなくてはならなかったのでしょう。

ですが、羽生くんが、あの状態で、無理矢理出る必要は…。

コメンテーターは実況はじめ、多くの人が羽生弓弦選手の演技に
「感動した!」「歴史に残る演技!!」
と称賛を送っていますが、元陸上選手の為末大さんはじめ、
スポーツ選手の間では、

スポーツ脳震盪の危険性

を考慮していないのでは?と、厳しい意見が出ています。


スポンサードリンク

















『脳震盪』って、マンガとかで相手を気絶させるアレですよね?
当時、羽生弓弦選手の状態が、絶対ヤバイ雰囲気だったので、これは危ないと思ったのですが、
脳震盪が危険とは初耳で、調べてみると、こんな情報が…

子供のスポーツと脳震盪(のうしんとう)

今回、羽生くんの脳震盪は、レベル1の【軽度】なのでしょうが、
軽度の脳震盪でも、短期間に二度起こすと『セカンドインパクト症候群』という
致死率50%を超える、大変危険な状態になるリスクがあったそうです

演技中何度も転んでしまったし、
『頭部挫創、下顎挫創、腹部挫傷、左大腿挫傷、右足関節捻挫』で済んで不幸中の幸いですよ。
羽生弓弦くんにもしものことがあったら…本当にどうしてくれる!!!

若い選手は一つ一つの大会に命がけだからこそ
周囲が、俯瞰した目でフォローしてほしいです。

マスコミやスケート連盟は、羽生くんの演技で一過的な視聴率稼ぎや収益が上げられれば構わないのでしょうが、まだ若い羽生くんの将来を考えてくれてないのが明るみになったようで、モヤモヤしてしまいます。

羽生弓弦選手のケガが早く良くなりますように



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。